In日常

なんだかいいことが起きている

最近一人暮らしの叔母の介護に駆り出され

なんやかんやでバタバタと過ごしております。

 

 

近所に住んでいても普段付き合いもほとんどなかった
叔母なので、最初はやだなーと思っていたのですが
母に「あれやって、これやって」指示されて
はいはいと動いているうちに、妙なことに気づきました。

 

 

なんだかいいことが起きている・・・・。

 

 

人の手助けをして気持ちがおだやかになっているとか
そういったたぐいのことではなく、
具体的になんだか流れがよくなっているのを感じ
へぇぇこういうこともあるんだなぁと思いました。

 

 

上手く言えないんだけれど
今まで動いていなかった領域の空気が動いて
新しい流れて出来てきている感じ。
つまり、「いいこと」というのも
今まで体験していなかったようなことで。

 

 

「こうなったらいいな」って思っていたことも
いざそれが実現するとやっぱり怖くなっちゃうもんですねぇ。

 

 

けれどここで逃げてはいかん!と
「いやいや私が受け取れるのは当たり前」
と踏ん張っているところです。

 

 

その「いいこと」流れを生み出してくれた叔母の介護ですが。

 

 

何というか、すご〜くキャラの濃い叔母なので
最初は部屋の中に入るとあまりのカオスな空気に
圧倒されて最初はクラッとなっていました。
が、「行ってお手伝いするといいことがある」
という私の勝手な思い込みにより
プチ介護をすることがだんだん楽しくなってきました。

 

 

毎日通っているわけではないから
楽しめているところもあるかな?
叔母からは時々
「今日はありがとうございました」というメールが届き
それを読むのもちょっとした楽しみになっています。
とはいえ、ほんとにそれしか書いてないんだけど^^;)

 

 

恐らく叔母が元気でいたら
姪である私とこうしたかかわりを持つことは
なかっただろうし、私も叔母に対してこういう
懐かしさに似た家族的な感情を抱くことはなかったよなぁと
思うと、なんともいえないものを感じます。

 

 

今日も身体が動かない叔母に「捨てといて」
と言われたものを大量に断捨離し、
ふふふまたいいことあるかしら〜💛なんて
ちょっと浮かれてます。

 

 

思ったのは
何事もちょっと視点を変えると
楽しめるところとかありがたいなって思える部分って
結構あるもんだな、ということ。

 

 

多分ここって努力して
「そう思うことにしよう」ってことじゃなく
自分の中の何かがくるん♪と動くことで
視点が動くのかも。

 

 

こうしようって無理に動かすんじゃなくて
脳トレをするよう感じで視点を変えてみる。
豊かに生きるコツって脳の使い方にも
あるかもしれないなぁ・・・なんて思いました。

 

 

ではでは☆
In-

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply